長時間座っていると仙骨付近が痛い腰痛症例

こんにちは!

福岡市西区にある腰痛・慢性難治症状専門整体院Refugeの中原です。 

当院のブログを見ていただきありがとうございます。

  • どこに行っても改善しない
  • 何をしても効果を実感できない
  • どんどん症状が重症化して動きにくさが出ている
  • 改善したいのに全身痛くて本やテレビで紹介されている体操や運動が十分にできない

などで悩んでいませんか?

 

慢性的な腰痛や肩こり、頭痛、痺れ、全身の痛みなど難治症状に悩んでいる方に向けて、自分で改善するための有益な情報を今日もお届けします。

 

それでは早速話していきましょう^^

 

●仙骨付近が痛い腰痛症例

 今日は症例報告です。

 

 

1時間程度座っていると仙骨付近が痛くなる

夕方は痛くて集中できない

 

 

という40代男性の症例です。

 

 

デスクワークがメインの仕事をしていると、長時間の座位は避けて通れないですよね。

 

そうなってくるとだんだん

 

腰が重くなったり

 

背中が痛くなったり

 

腰が痛くなったり

 

肩こりが強くなったり

 

 

といろんな不調を訴える方が多いです。

 

 

この方の場合は、長時間の座位姿勢で仙骨付近(詳細には仙骨と腸骨の間の関節である仙腸関節付近)に腰痛の訴えがありました。

 

 

そして原因は何かというと、

 

 

小腸左大腰筋でした。

 

 

小腸は腹横筋や腹斜筋といっや体幹筋と関連

 

 

腹横筋というと腹圧を高めて体幹を安定する作用があったり、仙腸関節の圧縮力を高めて骨盤も安定させる働きがあります。

 

 

小腸が硬くなって機能低下すると、関連する腹横筋も働きが悪くなってしまい体幹と骨盤が不安定な状態になって座位で腰に負担がかかりやすくなります。

 

 

さらに、大腰筋は体の中心にあり体の芯のような部分です。

 

 

立っている時も座ってる時も、歩いたり動いている時もがっしりと体を支えてくれる筋肉

 

 

この大腰筋が弱くなると体幹は不安定になり、腰や股関節、膝に負担がかかりやすくなります。

 

 

この方の場合、

小腸と大腰筋によって、ダブルで体幹が不安定な状態になっていたため腰に、特に仙腸関節付近に負担が集中してしまって腰痛が起きていました。

 

 

そして、この小腸と大腰筋の硬さを作った原因はというと、

 

ヨーグルトの食べ過ぎ

足を組んでの座位姿勢

 

にありました。

 

腸にいいと聞くから毎日朝と夜に食べていたヨーグルト

 

 

それが実は小腸に負担をかけることに、、、

 

 

また、仕事中に足を組んで座ることが癖になっているようで、

 

それを常に、長時間行っていたせいで骨盤はねじれ、左の大腰筋に負担がかかって硬くなっていたようです。

 

 

一見、体にいいと言われたものでも摂りすぎは逆に体に負担をかけてしまいます。

この方の場合は2日に1回程度の摂取がベストでした。

 

 

いいものでも食べ過ぎは良くない

 

 

やはり、何事も適量が一番ですよ。

 

どんなに好きな相手でも、1秒ごとにメールが来くるとうんざりしてきますよね(笑)

 

その人にとってベストな摂取量と摂取するタイミングがあるのでそれを知って実践することで本当に健康的な食事ができます。

 

 

当院では、その人にあった摂取量までみっちりお伝えしますので気になる方、腰痛など身体の不調で悩んでいる方は是非来てください♪

  

 

 

LINE登録者限定で役立つ健康情報や限定キャンペーンを定期配信中!

また、LINEからのご予約も可能できるようになりました。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

腰痛でお悩みの方は今すぐコチラまで

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

===============

福岡市で腰痛・慢性難治症状なら

===============

腰痛・慢性難治症状専門整体院Refuge

080-9107-6644

 

↓↓↓クリックするとホームページに♪

 

「ブログを見てご予約したいのですが」とお伝えください。

腰痛以外にもどんな症状でも対応しているので一度ご相談ください^^

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^