理想的な油(脂質)の摂り方~part3~

こんにちは。

福岡市の腰痛・慢性難治症状専門整体院Refugeの中原です。

 

本日も前回、前々回からお話ししてきた理想的な油の摂り方の話で、今回で最後になります。

 

前回のおさらいですが、

 

○理想の摂取比率について

オメガ3:オメガ6=1:4

 

これが理想的な比率です。この比率が崩れてしまうと、脂肪の役割が果たせずに、体の機能が崩れてしまいます。

 

で、近年の日本人の比率はどうなっているかというと・・・・

 

オメガ3:オメガ6=1:10〜40

 

とオメガ6が過剰に多くなっています。

 

これでは、健康に良くないです。

 

なぜか??

 

それはオメガ3とオメガ6は正反対の働きだからです。

 

○オメガ3とオメガ6の作用

・オメガ3

代表的な油:亜麻仁油、エゴマ油、チアシードオイル、青魚etc

主な作用:アレルギー抑制、炎症抑制、血栓抑制、血管拡張

 

・オメガ6

代表的な油:紅花油、コーン油、ごま油、サラダ油、マヨネーズetc

主な作用:アレルギー促進、炎症促進、血栓促進血液を固める

 

このように作用が正反対なんです。

 

この作用から予測ついている方がいるとは思いますが、

 

そうです!!

 

オメガ6過多の食生活だとアトピーや花粉症などのアレルギー症状の悪化や不調の原因になってしまうということです。

 

オメガ3が逆の働きをするので、良質なオメガ3を摂取することでアトピー性皮膚炎や花粉症が緩和した報告があります。

 

と前回はこのようなお話をしました。

 

今回は、

・オメガ3の代表的な摂取源

・オメガ3に期待できる働き

・調理で気をつけるべきこと

・トランス脂肪酸について

 

お話ししています。

 

詳しくは動画でお話ししています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

本日も最後まで見ていただきありがとうございます^^