理想的な油(脂質)の摂り方~part2~

福岡市の腰痛・慢性難治症状専門整体院Refugeの中原です。

暑くなったり台風が来たり、涼しくなったりまだまだ気候はめちゃめちゃですね、笑

 

今日は前回に引き続き「理想的な油の摂り方」を動画でお話ししています。

 

前回の内容は、

 

・脂質の役割

・脂質の種類

 

についてお話ししました。

 

ここで少しおさらいしときますね。

 

○脂質の役割

細胞膜の形成(生体膜の形成)

 細胞膜には以下の役割があり、脂質によって細胞膜が形成されることは重要

 ・栄養素を取り込む

 ・老廃物を排出

 ・細菌やウイルスの侵入を防ぐ

 ・細胞同士の情報の伝達

 ・ホルモン物質の材料になる

 

エネルギー源として働く

 糖質がなくなると、脂質からエネルギーを使います。この時、脂質は糖質の2倍のエネルギーを放出します。つまり、効率のいいエネルギー源ということが言えます。

 

熱の発散を防いで体温を保つ

 

太陽光を利用してビタミンDを合成

 ビタミンD:骨の健康やカルシウムのバランスを整えることに関与

 

脂溶性のビタミンA、D、E、Kなどの吸収を助ける

 

○脂質の種類

・飽和脂肪酸:牛肉や豚肉、乳製品などの動物性の脂肪

・不飽和脂肪酸:ベニバナやコーン、オリーブ、亜麻仁などの植物性の脂肪

 

不飽和脂肪酸は、オメガ3、6、9にさらに分類される。

 

このうち、オメガ3、6は体内では作り出せないので、食事を通じて体内に摂取して補う必要があり「必須脂肪酸」と言われています。

 

そして、私たちの健康のためにはオメガ3とオメガ6のバランスが大事になってきます!!

 

というお話しを前回の動画でしてきました。

 

 

今回の内容は、

オメガ3とオメガ6の理想的な摂取比率について

オメガ3とオメガ6の代表的な油、作用

 

をお話ししています。

 

今回の内容はアトピーや花粉症などアレルギーで悩んでいたり、お子さんがアレルギー症状がある場合は知っておくべき知識です。

 

ぜひ、知識として身につけていただきたいです。

 

動画はこちらから見れます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

本日も最後まで動画を見ていただきありがとうございます^^