事実、お尻の筋肉を緩めると腰痛が改善する人が多くいます!!

どうも、腰痛・慢性難治症状専門整体院Refugeの中原です。

本日もブログを見ていただきありがとうございます。

 

今日も腰痛に関する話で、お尻の筋肉についてです。

 

腰痛の原因がお尻の筋肉でありことは少なくありません。

 

大殿筋、中殿筋、小殿筋、外旋筋などお尻には多くの筋肉が存在しています。

 

今日はその中でも大殿筋と腰痛の関係をお伝えします。

 

 

大殿筋というとお尻の後面の大きな筋肉で、多くの方が耳にしたことのある筋肉だと思います。

この大殿筋の主な機能は、足を後ろに伸ばす働きがあります。

 

歩いている時は脚が床につく時に働きます。

 

 

 

なぜ大殿筋が腰痛と関係しているのかということですが・・・

 

それは、大殿筋は、過剰に収縮しやすく硬くなりやすいからです。

 

 

なぜ硬くなりやすいのか?

四足動物の時はこの大殿筋は後ろ足のブレーキのような働きをしており、走っていて方向転換する時に一番働いていました。

 

 

その名残もあり、私たちが歩く時に大殿筋はブレーキの働きをします。

つまり、毎回、足を地面に着く瞬間にブレーキをかけているので疲労しやすく硬くなりやすいです。

 

 

長い距離を歩いてお尻がだるくなった経験ありませんか??

 

 

この大殿筋が過剰に収縮すると骨盤が後傾してしまいます。

 

 

この骨盤を後傾してしまうのが腰痛になる要因です。

 

 

 

大殿筋によって骨盤が後傾すると腰痛になるのか、大殿筋のセルフケアを知りたい方はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

腰痛でお困りの方はこちらをクリック

 

それでは、また明日〜^^/

LINEでRefugeからのお得な情報を配信しています!!!

LIMEの友達限定の割引特典もありますヽ(゚◇゚ )ノぜひ友だち追加してご利用下さい♪↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ LIME ID:@pbu8480h またはこちらをクリックしてご登録してください♪ 友だち追加