慢性症状になる理由

だんだん暑くなってきましたね(汗)

当院は腰痛・慢性難治症状対応整体院Refugeとういう名前の通り、腰痛やなかなか治らない慢性的な症状を対象としています。

そこで、今日はどうしてなかなか治らない慢性的な症状になるのかというのお伝えして行こうと思います^^

 

みなさんは毎日、家事や仕事、スポーツなどで身体を動かしていると思います。

そうした中で、仕事終わりやスポーツ後にお尻や足の筋肉の突っ張り感や足の重だるさを感じたりしますよね。

これは、ある一定の筋肉に一定の負担がかかり、いっぱい働き過ぎて筋肉への血流が少なくなり酸素、栄養不足になった状態になっているからです。

 

この時、一日寝ると症状がなくなる人と何日も症状が続きさらに悪化してくる人に分かれます。

 

だいたいは、一日寝ると症状が良くなってきますが、逆に日に日に症状が悪くなって痛みだけでなくしびれや他の部位にも症状が出てきたりする方がいます。

 

では、一日寝ると症状がなくなる人と何日も症状が続きさらに悪化してくる人で分かれるのでしょうか・・・?

それは「自己治癒力」が働いているかそうでないかの違いです。

 

健康な身体の方であれば、人間が本来持っている「自己治癒力」がしっかりと働き、疲労した筋肉へ血流を促し酸素、栄養を送ることができ、身体を元の健康な状態に戻してくれます。

 

しかし、身体のバランスが崩れて、「自己治癒力」が働きにくくなっていると、患部の筋肉へ酸素、栄養が不足した状態が続きさらに症状は悪化していきます。

 

つまり、自己治癒力が働くためには、身体のバランスを整える必要があります。これは体だけではなく心のバランスも大切です。

身体のバランスを崩す原因はなんなのか?大きく分けて3つあります

 ①筋・骨格の歪み

 ②内臓の不調

 ③メンタル面での問題

この3つが関係してきます。

本日はここまでで終わります。

本日もブログを見て頂きありがとうございます^^

 

●facebookページの紹介

腰痛・慢性難治症状対応整体院Refugeで検索^^

よかったら「いいね」をしてくださるとブログの更新情報がタイムリーにわかりやすいです。

ご予約もfacebookページからメッセージを送っても大丈夫です。

●LINEの紹介

LINEでRefugeからのお得な情報を配信しています!!!

LIMEの友達限定の特典もありますヽ(゚◇゚ )ノぜひ友だち追加してご利用下さい♪↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
LIME ID:@pbu8480h
またはこちらをクリックしてご登録してください♪
友だち追加