《膝の痛みの原因》膝の内側が痛い!!そんな時にやるべき対処法【福岡 膝痛 変形性膝関節症】

こんにちは、福岡市にある重症症状を根本改善に導く整体院Refugeの中原です。

 

重度の膝痛でも、原因を特定して身体の歪みを治していくことで、血液やリンパなどの循環が良くなり、人間が本来持っている自己治癒力を高めていくことで改善することが可能です。

 

もし、

  • 膝の内側が痛くて、長距離歩けない
  • 膝の内側が痛くて階段が登れない
  • 膝の内側が痛くて正座ができない
  • 病院へ行っても痛み止め、最終的には手術と言われるだけ
  • もうこの膝の痛みと一生付き合うしかないのか・・・

と思っているなら、まずはしっかりとご自身の身体の歪みを改善していくことが大事です!

それも、ただ単に骨盤矯正などをするのではなくて、歪みの大元の原因を見つけ出して歪みを正すということです!

 

今回は、膝の痛みでお悩みの方の改善例を紹介していきます。

 

同じように膝の痛みで悩んでいる方の参考になり、1日でも早い改善につながればと思います。

 

膝の痛みの原因はなに?

膝の痛みの原因ってなんだと思いますか?

 

変形?

 

老化?

 

軟骨のすり減り?

 

運動不足?

 

太りすぎ?

 

いいえ、違います。

 

身体の歪みが原因です。

 

身体が歪むと、骨についている筋肉のバランスは悪くなります。

そうなると、インナーマッスルとアウターマッスルのバランス関係が崩壊してしまい、思うように身体を使うことができずに無駄な負担が膝関節にかかって痛みを引き起こします。

 

膝が痛くて、病院へ行くと言われること

膝が痛くて病院に行くと「膝が変形しているから」「軟骨が磨り減っているから」膝に負担がかからないようあまり歩かないように!

と言われて、変形=痛みと間違った認識を持っている人が多いです。動かなくなれば筋肉はどんどん衰えて痛みは悪化しますからね。。。

大事なのは〝膝に負担のかからない身体にする″ということです。

膝に負担のかかる身体になっているから、股関節が変形してくるわけです。

そして、膝に負担のかからない体を手にするためには体の歪みを整える必要があります。

それは、筋肉は骨についており、骨がズレた状態であれば筋肉もズレた状態になるため、思うように筋肉が動いてくれないからです。

多くの膝の痛みで悩む方は、体が歪んだまま筋トレをしていることが多いです。特に大腿四頭筋が良やっているからと太ももの前の筋肉を鍛えていませんか?

それ、逆に膝の痛みやO脚を悪化させているかもしれませんよ。

整骨院で骨盤矯正やマッサージをしてもらっても治らない理由

病院で変形が原因だから手術しかないと言われ、、、でも、手術は嫌だから筋肉をほぐしたら良くなるかも!

と思い整骨院へ行きます。整骨院に行くと骨盤がめっちゃ歪んでますね、全身ガチガチに硬くなってますね〜

ここほぐしたら良くなりますよ!と言われます。

場合によっては、背骨の矯正したら良くなりますよ!

と言われ首や背骨をボキッと矯正することもあります。

ここで皆さんに考えて欲しいんですが、痛いところが硬くなっているのは当たり前の話ということです。

腰痛の人は、腰が硬くなっています。

肩こりの人は、肩が硬くなっています。

膝が痛い人は、膝関節が硬くなっています。

腰が柔らかい、肩が柔らかいけど痛いという人はいないですよね。

痛みのある部分の筋肉が柔らかくなると、痛みは無くなりますが、そこをマッサージしても根本治療にはなりません。すぐに痛みが戻る〝その場しのぎ″でしかないです。

それは、その痛い部分に原因はないからです。

今回の場合は、『膝に負担がかかった結果、膝が痛い〜T△T』と訴えているんです。

この膝に負担をかけている原因を探さないと、仮に手術をしたとしても膝の痛みは改善しません。

これを知らずに手術をして、膝の痛みが改善しなかった方を何人も見てきました。。。

では、今回の症例は、膝の内側の痛みがどこが原因となっていたのかを説明していきます。

「膝の内側が痛い」お客さんの原因とは?

膝に負担がかかるほど、体を歪ませていた原因は中殿筋の硬さでした。

聞いたことあある方も多いかもしれませんが、骨盤の横にある筋肉です。

中殿筋が硬くなると膝の内側にストレスがかかる!?

中殿筋は写真の通り、骨盤の外側〜大腿骨についています。

この中殿筋が硬くなると大腿骨を引っ張ってしまい、O脚のような歪みができてしまいます。

そうすると、そのまま体重がかかると膝の内側にストレスがかかって痛みが出てきます。

わかりにくいという方は、動画ではもう少し詳しく話しているのでご覧になってください。

中殿筋をしっかり緩めて、機能する状態にしていくと「体重をかけても痛くない!」と喜んでいただき、

帰り際には「先生、もうサポーターと杖は必要なさそうです^^」

と満面の笑顔で言われていました。

 

中殿筋を自分で緩める方法

今回ここまで読んできださった方のために、特別に自宅できる超簡単なセルフケアをご紹介します。

本当に簡単で自宅ですぐにできる内容になっていますので膝の内側が痛いと悩んでいる方は試してみてください。詳細なやり方は動画で説明しているのでご覧になってください。

まとめ

膝の痛みの原因は、身体の歪みです。

そして、その歪みには、歪みを作っている大元の原因が必ずあります。

今回の症例の場合は、中殿筋というお尻の筋肉が影響していました。

中殿筋が硬くなると、0脚のような歪みが生じて膝の内側にストレスがかかりやすくなり痛みが出ます。

膝の痛みを改善するには、身体の歪みをしっかり原因を見つけて調整することです。

長年悩んだ膝の痛みでも、案外すんなり治って手術も必要なくなることも少なくないですよ^^

福岡市の膝の痛みに特化した整体はこちら

 

では、本日も最後まで読んでいただきありがとうございました^^♬