■猫背

猫背というと、猫のように背中が丸くなった姿勢で、外見でもすぐに分りますよね。

姿勢は人の第一印象を決める要素のひとつと言われています。初対面の人が猫背で姿勢が丸くなっている人と、背筋がピンと伸びた人がいたらどうですか?

 

脊筋かピンと伸びている方が、明るくて接し易い雰囲気印象いいですよね。姿勢がいいだけで得するんです。

ですから、どんなときでも背筋がピンと伸びた姿勢が理想ですね。

 

そして猫背は見た目の美容面だけでなく、健康面でも問題になります。

 

猫背は、腰痛や肩凝りの原因になったり、背骨を通る神経が背骨の歪みで圧迫され、自律神経の乱れが起きたり、血流やリンパの流れが悪くなったり、胸が縮んで呼吸がしにくくなったりと、健康にも良くないことばかりです

 


■猫背には隠れ猫背がある!?

猫背には、見た目でわかる猫背と見た目で分らない猫背があります。

この見た目で分らない猫背を「隠れ猫背」と言われています。

 

では、隠れ猫背とはどんな姿勢なのか?

 

●隠れ猫背の特徴

 ・首や頭が前に出ている

 ・顎が上を向いている

 ・腰椎の前弯がつよい(反り腰になっている)

 ・下っ腹がでている

 

猫背は胸椎という胸のあたりの背骨が曲がっている姿勢ですが、「隠れ猫背」は、これを反り腰の姿勢でお腹を前に出し、首も前に出すことで代償している姿勢です。

 

この「隠れ猫背」の方は、上記した症状のほか、反り腰もあるため腰痛にもなりやすいです。

■猫背になると女性の悩みが増える?

猫背になると良くないことが多いです。

どんなことが起こるかは一番最初に書いていますが、女性にフォーカスしてみて猫背の影響を説明します。

 

①胸が垂れる

猫背になると、肩が前に巻き込んだ姿勢になるため、胸が縮んだ状態になります。

この状態では、大胸筋も縮こまって硬くなりやすいです。

そうなると胸の筋肉が働きにくくなるので結果として胸が垂れてきます。

 

②二の腕が太くなる

猫背の姿勢は、背中が丸くなる姿勢です。普段歩く特に、人は腕を振って歩きます。

この時、腕を後ろに振る時に使う筋肉が上腕三頭筋といって、俗にいう二の腕の部分に当たる筋肉です。

しかし、猫背だと肩が前に巻き込んだ状態になるため、体より腕を後ろに振りにくくなります(図参照)

そうなると、慢性的に上腕三頭筋を使わなくなるので、二の腕が太くなりやすくなります。

猫背で二の腕が太くなる原因

③生理痛が強くなったり、生理不順が起きやすくなる

何度も言いますが猫背になると、体が丸まっていきます。そうなると内臓が圧迫を受けて通常より下に下がり易くなります。その結果、一番下にある子宮、卵巣が圧迫を受けてしまうことになります。

圧迫を受けた子宮、卵巣は血流が不十分になり、生理痛が強くなったり、生理不順が起きやすくなってしまします。

 

この他にも腰痛、肩こり、自律神経失調症などもありますが、猫背は美容面、健康面で様々な影響を及ぼします。

 

猫背を解消するのには、

・筋骨格の歪み

・内臓の不調

・メンタルによる問題

へアプローチする必要があります。

 

当院ではあなたの猫背の原因を明らかにして、セルフケアの指導、日常生活での注意点などもお伝えしています。

 

また、歩くだけで身体の調子が良くなり猫背が治せるオーダーメイドインソールもお勧めです。

インソールに関しては下の参照リンクからご覧になってください。

⇒参照リンク:オーダーメイドインソールの作成について

 

猫背でお悩みなら当院へ気軽にご相談ください^^