冷え性

以下の項目に当てはまる方は、冷え性の可能性があります。

☑夏でも靴下が手放せない
☑手または足の先が異常に冷たい
☑冬、電気毛布を使わないと寒くて眠れない
☑手や足がむくみやすい
☑冷房の風にあたると体調が悪くなる
☑おへその下が冷たい
☑生理が不順、または生理痛がひどい
☑トイレが近い
☑下半身は冷えているのに顔がのぼせる


【冷え性の原因】

冷えは特に女性に多く存在します。

その理由は、男性に比べ、筋肉量が少なく、脂肪量が多い事です。

熱は筋肉にてその多くを生産しているため、筋肉の少ない女性は熱の生産も少なくなります。

また、脂肪は冷えをカラダに溜め込む性質を持っています。

もちろん始まりは様々なストレスや食生活が原因となりますが、熱を生み出せない事が冷えの原因となります。

そして、身体が冷えると交感神経が優位に働き、血管を収縮し始めます。血管が収縮している時間が長くなると血液が滞り、身体のあちこちに血流が行きにくくなります。特に、冷えにおいては子宮系の器官に強い影響を与え、生理痛とも関係してきます。


【骨盤が歪むとなぜ冷え性になるのか?】

骨盤が歪むことで大きく3つの影響が生じます。

①骨盤・股関節周囲の筋肉のアンバランスが生じる

骨盤が歪むと図のように筋肉のアンバランスが生じ、緊張が高くなる筋と弱化する筋肉が出てきます。緊張が高い筋は血流を滞らせやすく、弱化した筋肉は力を発揮しにくいので熱の生産が不十分になります。そのため、足の末端に血流が行きにくくなり冷え性になります。

 

身体の歪みによる全身への影響

②骨盤内の血流が滞る

骨盤内には多くの血管が存在しています(下図参照)。

し かし、骨盤が歪んでいると鼠径部(足の付け根)が緊張し大腿動脈といった大きな血管が圧迫され血液の循環が悪くなってきます。そうなると、太ももやふくら はぎの筋肉に血流が行き届かないので筋肉が働きにくい状態になります。そして、太もも、ふくらはぎの筋肉は血液循環が悪くなるので、酸素、栄養が不足して しまい硬い筋肉になり筋肉のポンプ作用(筋肉が収縮-弛緩を繰り返して血液の循環を促進する)が働かず、末端の冷えが生じやすくなります。

大腿動脈の解剖

③内臓の機能が低下

骨 盤が歪むと、連動して脊柱、頭蓋、下肢など全身の歪みが生じてきます。そうすると、猫背になった場合は背中が丸まってくるため、胃や小腸、大腸などの腹部 の内臓が下方向に圧迫されて押し下げられていきます。その結果、内臓は圧迫さて通常とは違う位置にあるため機能が低下し内臓自体の冷えが生じてきます。

 

冷え性は、長期化すると基礎代謝を低下させます。基礎代謝量は10代にピークがあり、その後は年々減少していきます。消費されないエネルギーは蓄積して脂肪となり、その上運動量も減ってしまうと、太りやすく痩せにくい体質になっていくのです。これが下半身に起こりやすく女性の多い悩みの一つである下半身太りというわけです。


【骨盤が整うことによる冷え性の効果】

骨格が正しい位置で整うと・・・

骨盤、股関節周囲の筋肉のバランスが整い、筋肉が熱を産生しやすくなる

骨盤内の血管の血流がよくなる

全身のバランスが整い、姿勢が良くなるため、内臓の位置も元に戻り内臓機能も良くなる

 

骨盤が整い、筋肉が働きやすくなると熱が発生します。

その事で、脂肪の燃焼作用が働き、冷えを身体に滞らせる脂肪を燃焼することもです

このうように、骨盤矯正によって冷え性は良くすることができ、継続しることで、脂肪の燃焼し易い身体が作れるため下半身太りも解消でき太りにくい身体を手に入れることもできます^^

もし、冷え性で気になっている方は、ご気軽に相談してください!!

 

【骨盤が整うことによる冷え性の効果】

骨格が正しい位置で整うと・・・

骨盤、股関節周囲の筋肉のバランスが整い、筋肉が熱を産生しやすくなる

骨盤内の血管の血流がよくなる

全身のバランスが整い、姿勢が良くなるため、内臓の位置も元に戻り内臓機能も良くなる

 

骨盤が整い、筋肉が働きやすくなると熱が発生します。

その事で、脂肪の燃焼作用が働き、冷えを身体に滞らせる脂肪を燃焼することもです

このうように、骨盤矯正によって冷え性は良くすることができ、継続しることで、脂肪の燃焼し易い身体が作れるため下半身太りも解消でき太りにくい身体を手に入れることもできます^^

もし、冷え性で気になっている方は、ご気軽に相談してください!!