内臓性腰痛

腰痛は大きく以下の3タイプに分けることが出来ます。

  • 内臓疾患からくる腰痛
  • 筋骨系の問題による腰痛
  • 精神的要因からくる腰痛

各内臓は、全て関連する筋肉があります。

内臓が疲労すると、その関連する筋肉に痛みが生じたり、硬くなったり、筋力が低下したりと影響を及ぼします。この状態が続くと、腰痛や肩こりとなり、さらに長期化すると内部疾患といった病気になることがあります。腰痛などの痛みが出ている時は、身体が出しているサインです。

そのサインを早めに解決することが、病気になるのを予防できることになるためとても大切です。

 

なかなか治らないのであれば、あなたの腰痛は内臓性腰痛かもしれません。

 

以下に代表的な内臓が原因で起こる腰痛の紹介をしています。

気になる方は見てみて下さい^^